TheBeatles
素敵なビートルズ
search
ベーシストとしてのポール・マッカートニーの魅力に迫る
最終更新:

ベーシストとしてのポール・マッカートニーの魅力に迫る

ビートルズのポール・マッカートニーは天才コンポーザーであり、ボーカリストであることは広く知られています。

しかし、彼がビートルズのメンバーとしてデビューしたころは、主にベースを担当していたのです。

今回は、彼のベーシストとしての実力についてお話しします。

なぜベーシストとして評価されないのか?

かつてジョン・レノンはこのように語っていました。

「ポールのベースもリンゴのドラムももっと評価されるべきだ。彼らは、どこへ出しても恥ずかしくない一流のミュージシャンだ」

また、こうも語っています。

「ポールのベーシストとしての才能は、そのほとんどがビートルズ時代に築き上げられたものだ」

つまり、ジョンは、ベーシストとしてのポールも高く評価していたということです。

しかし、イエスタデイ、ヘイ・ジュード、レット・イット・ビーなどの超名曲を制作したイメージがあまりにも強すぎて、ベーシストとしてのポール・マッカートニーが一般にはあまり評価されていない感があります。

メロディアス(メロディック)・ベースの創始者

ポールのベースランニングを一言で表現すれば、「メロディアス(メロディック)・ベース」です。

つまり、ベースをまるでギターがメロディを奏でるように演奏するということです。

そもそもベースは、ドラムと一体をなしてバンドの中でリズムセクションを担当し、サウンドの基盤を作るという役割を果たしています。

建物に例えれば基礎に当たる部分ですね。

そして、それまでのベースは、ルート(根音)と呼ばれる音を忠実に弾くことが主要な役割でした。

ある意味、ベースは、バンドの中では一番地味なポジションかもしれません。

縁の下の力持ち的な役割なのはドラムも同じなのですが、ドラムの場合は、まだソロプレイができるという特権があります。

それに比べるとドラムほど派手なソロプレイのないベースは、どうしても地味な存在になりがちです。

ロックベースに革命を起こした

しかし、ポールは、ロックベースのあり方を根本的に変えるメロディアスベースという奏法を編み出したのです。

実は、ポール・チェンバースという名ベーシストが、ポールよりも先にメロディアスベースを演奏していました。

しかし、彼は、ジャズが専門であり、使用していた楽器はウッドベースでした。

ポールは、それまでの常識を覆し、フレットのあるエレキベースでまるでギターを弾いているようなベースランニングを編み出したのです。

ロックに限れば、彼がメロディアスベースの創始者ではないかと思います。

もともとはギタリストだった

ポールは、ビートルズの下積み時代から、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスンと一緒にバンド活動をしていましたが、担当はピアノまたはギターでした。

これはギターを持っている彼です。

スチュアート・サトクリフ(写真の右端の人物)というベーシストがいたのですが、ビートルズを脱退してしまったため、誰かがベースを担当しなければならなくなりました。

そこで、ポールにお鉢が回ってきたというわけです。

しかし、これが後に彼独特のすばらしいベース・ランニングを誕生させたきっかけとなったのですから、世の中何が幸いするか分かりませんね。

もし、彼がギタリスト出身でなければ、あのような革命的な奏法は誕生しなかったかもしれません。

大変なことをやすやすとやっていた

これは「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」というビートルズがメジャーデビューする以前からすでに演奏していた曲ですが、ポールは、すばらしいベースランニングを見せています。

ベーシストの方ならお分かりになると思いますが、ベースは、ギターに比べて重いので立って演奏するのはなかなか大変です。

おまけに弦も太く、ネックが長くてフレットも広いので、指を伸ばして力を入れて押さえないといけません。

そんなベースをポールは、ギターみたいにメロディアスに弾くというのですから、それだけでも相当なテクニシャンです。

これはさっきの曲のベース・カバーですが、左手の動きがギター並みに忙しいですね。

その上、彼は、激しく右指(彼は左利きです)を動かしながら、一切手元を見ないで正面を向いてニコニコ笑いながら、リードボーカルを取ったり、コーラスをつけたりしていたのです。

ご存じの通りベースラインは、メロディーラインとはまったく違います。

それを弾きながらメインボーカルをやるというのは、なかなか難しい作業です。

彼が使っていた「ヘフナー500/1バイオリンベース」が小さくて軽いベースだったので、まるでギターのように扱えたことも大きかったでしょう。

実際の演奏は分からない?

それでは、具体的な作品で彼のすばらしいベーステクニックを検証してみましょう。

なお、ビートルズは後期になると一切のライブを中止し、映像もごく一部しか残されていないので、彼らが実際にどのように演奏をしていたのか正確には分からないのです。

ですから、レコードやCDを耳で聴いて、彼らがまだライブをやっていたころの映像を参考にするしかありません。

ベースも後のベーシストたちが自分の解釈で演奏していますから、以下はあくまでも参考程度と考えてください。

タックスマン

これは、ジョージがエリック・クラプトンと来日公演を開催した時の画像です。

続きを読む
続きを読む